留学は自分の世界を広げるための貴重な体験です。

留学は海外旅行とは違い一生に影響する貴重な体験となります。
数日間数週間の海外旅行では、その国の文化に触れる事はできますが、表面的な事だけ、ポジティブな面だけ、楽しい事だけ、とガイドブックに載っている情報の域をでてその国を知り現地の文化に触れ、現地の人と交流するという事はかなり難しい事です。

通常は楽しかったねという感想どまりで終わってしまう海外の経験に過ぎません。


しかし留学となると話は別です。

嫌でも、学校生活や普段の生活で現地の国の人と触れ、交流する事になります。

現地の生きた文化、思想、また異国の習慣や生活スタイルに触れ、いい意味でも悪い意味でも刺激的な毎日となるはずです。

livedoorニュースについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

毎日が新たな発見と驚きの毎日です。



その驚き、文化の違いを受け入れ順応していかなければ快適な生活はおくれません。

また、学校では様々な国から学生が集まってきているでしょう。
そこには異文化交流のベストな環境があるはずです。
滞在している国だけでなく、その国に来た外国人たちのバックグラウンドを知り、習慣も言語も異なるもの同士、協力していく事で新たな自分、または新たな思想や視点に気づく事ができるはずです。自分の世界はどんどん広がっていきます。
また留学には現地の国を知るというだけでなく、その国を知っていく、または現地の人に自国、日本を紹介していくという行動、文化を比較するという行動を通して、新たな日本というものが発見できるはずです。



その外から日本を見る、他の文化を通して日本を見るというのは、留学した人でなければできない事です。
これこそ、留学の醍醐味なのかもしれません。